天使にラブ・ソングを2


この映画は1993年の映画です。今でも大人気の映画です。
この映画にはアメリカの有名なシンガーソングライターのローリン・ヒルが出演しています。
役名はリタです。聖フランシス高校の問題児クラスのリーダー的人物を演じています。

主人公のデロリスはラスベガスで歌手として活躍しています。
そこに聖キャサリン修道院で出会った友人たちと会います。
友人達は今学校の先生をしていると聞かされます。
院長先生の頼みで学校の生徒達に手を焼いて困っているので助けてほしいとお願いされます。
引き受けたデロリスはシスター・メアリークラレンスとして音楽の勉強を生徒に教えることになります。
しかし音楽の授業をバカにしている生徒達に困ってしまいます。
ある日学校が閉鎖されると知ったクラレンスは聖歌隊を作って学校を立てなおそうとします。
最初は聖歌隊なんてとバカにしていた生徒達も学校がなくなると知ってから真面目に音楽の授業に取り組む様になります。
その様子を気に食わない感じで見ているクリスプ理事長。
ちょっと抜けているキャラのクリスプ理事長はさっさと学校を閉鎖させて沢山の退職金をもらうと企んでいます。
生徒からも嫌われています。
クラレンスに反抗的だったリタは素直になりみんなと一緒に歌う様になります。
そして学校の中でコンサートを開きます。
コンサートも無事に終わります。
その後聖歌隊のコンクールに出場することになります。

ストーリーはこんな感じで私が特に好きだったシーンを紹介したいと思います。

【オーハッピーデー】

学校内でのコンサートシーンです。このシーンは好きですね。歌い初めは緊張していて声が小さくてうまく歌えてなかったけど発声練習をした後から声がでる様になります。この展開に見ていてとても感動しました。オーハッピーデーの歌もピアナノの音もよくて聴いていてとても癒されます。

【ジョイフル・ジョイフル】

聖歌隊のコンクールシーンです。ジョイフル・ジョイフルの曲にダンスやラップもミックスして歌っています。格好も自由に私服で歌っています。とにかく楽しもうって感じで踊って歌っています。聖歌にダンスやラップもミックスするとまたいい感じです。畑違いなところがこの映画の面白いところです。

【天使にラブ・ソングを2っていいね。】

天使にラヴソングを2は、音楽に感動もできて笑えるシーンも沢山あって面白いです。登場人物のキャラクターも個性があっていいですね。映画っていいなと見ていて幸せな気持ちになれる映画だと思います。